治験センターについて

  • 治験・臨床研究部 部長挨拶
  • 治験センター紹介
  • 実績紹介
  • アクセスマップ

治験・臨床研究部 部長挨拶

ご挨拶

治験・臨床研究部 部長 熊田 博光

虎の門病院治験・臨床研究部は治験と臨床研究センターの二つに分かれています。
治験センターには日本臨床薬理学会認定CRC(Clinical Research Cordinator:治験コーディネーター)5名を含む10名のCRCを擁する治験コーディネーター室と新しい医薬品もしくは医療機器を開発する目的の企業や医師による治験を審査する治験審査委員会・治験事務局があり、鈴木文孝医師がセンター長を務めています。CRCは被験者の思いや体調に気を配りつつ、細かく規定された治験がスムースに確実に実施できるようにサポートしています。臨床研究センターは、臨床研究支援室とともに「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」に該当する研究を審査する研究倫理審査委員会事務局があり、私がセンター長を兼任しています。また、今年度からは、新たに施行された臨床研究法にもとづき、国の審査を受けたうえで認定された臨床研究審査委員会事務局も開設されました。
以上、かなりの大所帯となっていますが、いずれの組織も臨床試験・治験の倫理審査を、基本的にはヘルシンキ宣言に基づき、被験者やその候補者の自由な意思を担保し、権利を確実に守るように、研究の説明も偏りがないように、より厳密に審査し、かつ科学的に有効性が証明された新しい医薬品や治療法が一日でも早く患者さんのもとに届くように日々努力を重ねています。

治験・臨床研究部 部長 谷口 修一